弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホーム企業案件事業承継・M&A › 事業譲渡の手順

企業案件

COMPANY WORKS
事業承継・M&A

事業譲渡の手順

株式譲渡の方法で事業を譲渡しようと考えていますが、譲渡までにどのようなステップを踏むのか、イメージを教えてください。
株式譲渡の方法でのM&Aは、売り手となる企業(譲渡希望企業)が譲渡の意思を固めるところからスタートします。
ですから、まずは事業を売り渡すことについて専門家に相談し、提携のための仲介契約を締結し、資料収集、企業評価の上で会社名などを伏せた売り手企業の概要書である「ノンネーム」を作成、買手候補企業に提案していきます。その上で、具体的に話が進むようであれば、秘密保持契約を締結し、さらに詳細な資料を交わします。機が熟したところで、買収価額等の条件交渉を進めつつ基本合意書の締結を行い、デューデリジェンスの上で最終合意を目指す、というのがパターンとしては多いと思われます。買収希望企業は、譲渡希望企業の代理人とは別に代理人を選任することもありますが、仲介機関がそれぞれの代理人的な役割を担うこともあり、手法が決まっているわけではありません。
企業の行く末を決める交渉ですから、事業規模や会社の代表や従業員の交渉力などを踏まえて、慎重に進めていくべきだと思います。
事業承継・M&A

事業譲渡の手順

株式譲渡の方法で事業を譲渡しようと考えていますが、譲渡までにどのようなステップを踏むのか、イメージを教えてください。
株式譲渡の方法でのM&Aは、売り手となる企業(譲渡希望企業)が譲渡の意思を固めるところからスタートします。
ですから、まずは事業を売り渡すことについて専門家に相談し、提携のための仲介契約を締結し、資料収集、企業評価の上で会社名などを伏せた売り手企業の概要書である「ノンネーム」を作成、買手候補企業に提案していきます。その上で、具体的に話が進むようであれば、秘密保持契約を締結し、さらに詳細な資料を交わします。機が熟したところで、買収価額等の条件交渉を進めつつ基本合意書の締結を行い、デューデリジェンスの上で最終合意を目指す、というのがパターンとしては多いと思われます。買収希望企業は、譲渡希望企業の代理人とは別に代理人を選任することもありますが、仲介機関がそれぞれの代理人的な役割を担うこともあり、手法が決まっているわけではありません。
企業の行く末を決める交渉ですから、事業規模や会社の代表や従業員の交渉力などを踏まえて、慎重に進めていくべきだと思います。
企業案件一覧