弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホーム企業案件事業再生・倒産 › 事業再生の手法

企業案件

COMPANY WORKS
事業再生・倒産

事業再生の手法

有利子負債の返済のために資金繰りが厳しい状況が続いています。事業自体は黒字なのですが、事業再生のためにどのような方法が選択できるのでしょうか。
再生のための手段として、大きく法的手続と私的手続とがあります。法的手続には裁判所に申立てをして、裁判所の管轄の下で破産や特別清算といった清算型手続の他にも、再建型手続として民事再生や会社更生の手続があります。
法的整理のデメリットは、手続の複雑さや、時間・費用がかかることがあります。他方、私的整理手続は、基本的に主に金融機関の債権者各自と再生計画に同意を得て行う整理手続ですが、特定調停や事業再生ADR、中小企業再生支援協議会などの準則化された手続を通じた整理も選択肢です。私的整理手続が選択されることが多いのは、金融機関の有利子負債が資金繰り悪化の原因となっているケースです。
もっとも、私的整理の計画が債権カットを含む場合に各債権者の同意を得ることは、法的整理を選択した場合に比べて私的整理を選択した場合の方が、弁済率が明らかに高くなるといった説明ができなければ、難しいと思われます。
事業再生・倒産

事業再生の手法

有利子負債の返済のために資金繰りが厳しい状況が続いています。事業自体は黒字なのですが、事業再生のためにどのような方法が選択できるのでしょうか。
再生のための手段として、大きく法的手続と私的手続とがあります。法的手続には裁判所に申立てをして、裁判所の管轄の下で破産や特別清算といった清算型手続の他にも、再建型手続として民事再生や会社更生の手続があります。
法的整理のデメリットは、手続の複雑さや、時間・費用がかかることがあります。他方、私的整理手続は、基本的に主に金融機関の債権者各自と再生計画に同意を得て行う整理手続ですが、特定調停や事業再生ADR、中小企業再生支援協議会などの準則化された手続を通じた整理も選択肢です。私的整理手続が選択されることが多いのは、金融機関の有利子負債が資金繰り悪化の原因となっているケースです。
もっとも、私的整理の計画が債権カットを含む場合に各債権者の同意を得ることは、法的整理を選択した場合に比べて私的整理を選択した場合の方が、弁済率が明らかに高くなるといった説明ができなければ、難しいと思われます。
企業案件一覧