弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホーム企業案件企業法務 › コンプライアンス体制の構築と運用

企業案件

COMPANY WORKS
企業法務

コンプライアンス体制の構築と運用

会社経営をしていると、コンプライアンス体制を構築しなければならないとよく言われますが、具体的にどのようなことをしなければならないでしょうか?
各企業の規模・業種・従業員数などに応じて、具体的な手法は様々考えられます。1例として、①コンプライアンスに関する基本方針を経営トップが表明し、②コンプライアンス委員会を設置し、③月次で委員会を開催し、社内規程の整備や各種法令等遵守のための研修を主導する、といった具合です。
よく見受けられるのは、コンプライアンス委員会などにおいて、年度毎にコンプライアンス計画を策定、実施する体制です。計画を策定、実施した後は、その結果を評価して、次年度の計画策定に反映する(いわゆるPDCAの徹底)ことを通じてコンプライアンス体制の実効性を高めることが考えられます。
企業法務

コンプライアンス体制の構築と運用

会社経営をしていると、コンプライアンス体制を構築しなければならないとよく言われますが、具体的にどのようなことをしなければならないでしょうか?
各企業の規模・業種・従業員数などに応じて、具体的な手法は様々考えられます。1例として、①コンプライアンスに関する基本方針を経営トップが表明し、②コンプライアンス委員会を設置し、③月次で委員会を開催し、社内規程の整備や各種法令等遵守のための研修を主導する、といった具合です。
よく見受けられるのは、コンプライアンス委員会などにおいて、年度毎にコンプライアンス計画を策定、実施する体制です。計画を策定、実施した後は、その結果を評価して、次年度の計画策定に反映する(いわゆるPDCAの徹底)ことを通じてコンプライアンス体制の実効性を高めることが考えられます。
企業案件一覧