弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホーム個人案件相続 › 遺言作成のポイント

個人案件

PERSONAL WORKS
相続

遺言作成のポイント

遺言書を作成しようと思いますが、自分で作成するときは、どのような点に気を付ければいいでしょうか。
自分で作成する遺言書のことを自筆証書遺言といいます。その要件として、遺言者自らの手で、その全文、日付及び氏名を記載して、押印することが必要です。日付については、年月までの記載や平成〇年〇月吉日といった記載では無効とされます。また、記載日と異なる日付を記載したときも、遺言が無効となる場合があります。押印は、署名の横や下にするのが原則です。封筒の封印は、必須ではありませんが、封印があれば、遺言者が亡くなった後、開封するためには検認手続が必要となり、その手続の前に開封すると5万円以下の過料に処せられることがあります。
遺言書の内容として、どのような文面にすれば将来の相続人同士の争いを防ぐことができますか。
相続人同士の争いを防ぐという観点で、遺言作成時に気を付けるべきこととしては、次の事項があります。
  • 遺産の全部について、漏れなく、どの相続人に割り付けたのかが明確な内容にすること。
  • 各相続人の遺留分を侵害をしないような内容とすること。
  • 文言として、2つの意味に解釈できるような表現を用いないこと。
  • 生前贈与などの事情が背景にあるときは、そのことを具体的に記載すること。
相続

遺言作成のポイント

遺言書を作成しようと思いますが、自分で作成するときは、どのような点に気を付ければいいでしょうか。
自分で作成する遺言書のことを自筆証書遺言といいます。その要件として、遺言者自らの手で、その全文、日付及び氏名を記載して、押印することが必要です。日付については、年月までの記載や平成〇年〇月吉日といった記載では無効とされます。また、記載日と異なる日付を記載したときも、遺言が無効となる場合があります。押印は、署名の横や下にするのが原則です。封筒の封印は、必須ではありませんが、封印があれば、遺言者が亡くなった後、開封するためには検認手続が必要となり、その手続の前に開封すると5万円以下の過料に処せられることがあります。
遺言書の内容として、どのような文面にすれば将来の相続人同士の争いを防ぐことができますか。
相続人同士の争いを防ぐという観点で、遺言作成時に気を付けるべきこととしては、次の事項があります。
  • 遺産の全部について、漏れなく、どの相続人に割り付けたのかが明確な内容にすること。
  • 各相続人の遺留分を侵害をしないような内容とすること。
  • 文言として、2つの意味に解釈できるような表現を用いないこと。
  • 生前贈与などの事情が背景にあるときは、そのことを具体的に記載すること。
個人案件一覧