弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホーム個人案件相続 › 相続法の改正

個人案件

PERSONAL WORKS
相続

相続法の改正

民法のうち、相続法の分野について、201876日に改正法が成立しました。

20207月までに順次施行される予定ですが、その中でも特に重要なものについては、今のうちから把握しておくと、色々な場面で将来の計画が立てやすくなります

 

★一つ目は、配偶者の居住権についてです。

相続開始から6カ月間の短期居住権というものも新設されましたが、ポイントは、配偶者の死亡までという長期の居住権を遺産分割の対象とすることができるようになったという点です。

これによって、亡くなられた方の奥さんや旦那さんの、とにかく自宅に住み続けることができればいい、というリクエストに答えつつ、将来の子ども世代への相続を前倒しするという選択肢が、以前よりも税制面など含めて容易になると思われます。

★二つ目に、自筆証書遺言の一部である財産目録をPCで作成することも認められることになったという点です。細かい財産目録まで自分で書かなければならないといった心理的なハードルがなくなり、制度として利用しやすくなると期待されています。

★三つ目として、相続財産中の預貯金口座からの払い出しについてです。

これまでは、被相続人が亡くなったことの連絡が銀行にいくと、口座が凍結されてしまう、ということになっていましたが、改正後は、相続分の3分の1までは、相続人単独でも、分割協議前に払い出しを受けられる、ということになります。

遺産分割が、より穏便に進むような改正と捉えることができます。

 

相続

相続法の改正

民法のうち、相続法の分野について、201876日に改正法が成立しました。

20207月までに順次施行される予定ですが、その中でも特に重要なものについては、今のうちから把握しておくと、色々な場面で将来の計画が立てやすくなります

 

★一つ目は、配偶者の居住権についてです。

相続開始から6カ月間の短期居住権というものも新設されましたが、ポイントは、配偶者の死亡までという長期の居住権を遺産分割の対象とすることができるようになったという点です。

これによって、亡くなられた方の奥さんや旦那さんの、とにかく自宅に住み続けることができればいい、というリクエストに答えつつ、将来の子ども世代への相続を前倒しするという選択肢が、以前よりも税制面など含めて容易になると思われます。

★二つ目に、自筆証書遺言の一部である財産目録をPCで作成することも認められることになったという点です。細かい財産目録まで自分で書かなければならないといった心理的なハードルがなくなり、制度として利用しやすくなると期待されています。

★三つ目として、相続財産中の預貯金口座からの払い出しについてです。

これまでは、被相続人が亡くなったことの連絡が銀行にいくと、口座が凍結されてしまう、ということになっていましたが、改正後は、相続分の3分の1までは、相続人単独でも、分割協議前に払い出しを受けられる、ということになります。

遺産分割が、より穏便に進むような改正と捉えることができます。

 

個人案件一覧