弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホームトピックス法改正 › 改正道交法 ─「あおり運転」を厳罰化/2020年6月30日施行

トピックス

TOPICS
法改正

改正道交法 ─「あおり運転」を厳罰化/2020年6月30日施行

こんにちは😊

コロナ明けで街に人通りも戻ってきた今日この頃、皆さんも車でお出かけをする機会も増えられたのではないでしょうか??

このたび、道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が改正され、あおり運転に対する厳しい罰則が適用されることになりました。2017年に東名高速道路であおり運転に起因した悲惨な死亡事故が発生して社会問題化したことを受けて、警察の取締りを強化するとともに、政府は罰則強化と危険運転致死傷罪を適用するため、法令改正をすすめてきました。

 今回の法改正により、これまで明確な定義がなかった「あおり運転」が、悪質な道交法違反=「妨害運転」行為として新たに規定され、罰則も最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金と、酒気帯び運転や酒酔い運転に匹敵する厳しさとなります。

以下、Q&A形式で具体的に見ていきましょう。

Q:今回、罰則が強化された「あおり運転」にあたる妨害運転とは、どのような行為を指しますか?
妨害運転の対象は、現行の道路交通法に規定されている10種の違反行為です。

・通行区分違反(対向車線の逆走等)
・急ブレーキ禁止違反(急ブレーキをかける)
・車間距離の不保持(車間距離をつめる)
・進路変更禁止違反
・追い越し違反 左側からの追い越し
・減光等義務違反 ハイビームの継続など
・警音器使用制限違反 執拗なクラクションなど
・安全運転義務違反 幅寄せや蛇行運転など
<高速道路などでの違反行為>
・最低速度違反
・駐停車違反

これらの違反行為が「①他の車両などを妨害する目的で行われた」「②交通の危険を生じる恐れがある」と判断された場合に妨害(あおり)運転」とされ、通常の道路交通法の違反より重い罰則が科されます。

また、上記の「妨害運転」のうち、さらに「他の車などを高速道路などで停止させた」、もしくは同等の「著しい交通の危険が生じた」場合は、より重い罰則となります。

Q:「あおり運転」で違反した場合の罰則は?厳罰といえるのでしょうか?
「妨害(あおり)運転」を行った場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。さらに、高速道路などで停止させるなどの「著しい危険」が生じた場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。いずれも、行政処分として、違反1回で即免許取り消しとなります。つまり、職業ドライバーであればすぐに仕事を失うことになるかもしれません。

「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」は、酒酔い運転の罰則と同等で、道路交通法の中で重い罰則といえます。

これまで、悪質な「あおり運転」に対して、危険運転致死傷罪などを適用しようとすると、裁判などで「法律の拡大解釈」などと指摘される場合もあり、実際の取り締まりが難しい点もありました。「妨害運転」として罰則規定されたことで、今後、スムーズに取り締まることができると考えられます。

【まとめ】
意図せずあおり運転が成立!?
皆さんも知らず知らずのうちに車間距離を詰めて運転しているときはありませんか?

時間がない時や慌てているとき…気がつくと前の車に近づきすぎている…。
今回の改正道路交通法では、意図的にあおり運転をおこなっているつもりがなくても「車間距離を詰める」行為として摘発される恐れがあるのです。

時間に余裕をもって行動することがあおり運転を防ぐ一番の方法だと思います。
皆さんもくれぐれもお気を付けください!

トピックス一覧
法改正

改正道交法 ─「あおり運転」を厳罰化/2020年6月30日施行

こんにちは😊

コロナ明けで街に人通りも戻ってきた今日この頃、皆さんも車でお出かけをする機会も増えられたのではないでしょうか??

このたび、道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が改正され、あおり運転に対する厳しい罰則が適用されることになりました。2017年に東名高速道路であおり運転に起因した悲惨な死亡事故が発生して社会問題化したことを受けて、警察の取締りを強化するとともに、政府は罰則強化と危険運転致死傷罪を適用するため、法令改正をすすめてきました。

 今回の法改正により、これまで明確な定義がなかった「あおり運転」が、悪質な道交法違反=「妨害運転」行為として新たに規定され、罰則も最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金と、酒気帯び運転や酒酔い運転に匹敵する厳しさとなります。

以下、Q&A形式で具体的に見ていきましょう。

Q:今回、罰則が強化された「あおり運転」にあたる妨害運転とは、どのような行為を指しますか?
妨害運転の対象は、現行の道路交通法に規定されている10種の違反行為です。

・通行区分違反(対向車線の逆走等)
・急ブレーキ禁止違反(急ブレーキをかける)
・車間距離の不保持(車間距離をつめる)
・進路変更禁止違反
・追い越し違反 左側からの追い越し
・減光等義務違反 ハイビームの継続など
・警音器使用制限違反 執拗なクラクションなど
・安全運転義務違反 幅寄せや蛇行運転など
<高速道路などでの違反行為>
・最低速度違反
・駐停車違反

これらの違反行為が「①他の車両などを妨害する目的で行われた」「②交通の危険を生じる恐れがある」と判断された場合に妨害(あおり)運転」とされ、通常の道路交通法の違反より重い罰則が科されます。

また、上記の「妨害運転」のうち、さらに「他の車などを高速道路などで停止させた」、もしくは同等の「著しい交通の危険が生じた」場合は、より重い罰則となります。

Q:「あおり運転」で違反した場合の罰則は?厳罰といえるのでしょうか?
「妨害(あおり)運転」を行った場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。さらに、高速道路などで停止させるなどの「著しい危険」が生じた場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。いずれも、行政処分として、違反1回で即免許取り消しとなります。つまり、職業ドライバーであればすぐに仕事を失うことになるかもしれません。

「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」は、酒酔い運転の罰則と同等で、道路交通法の中で重い罰則といえます。

これまで、悪質な「あおり運転」に対して、危険運転致死傷罪などを適用しようとすると、裁判などで「法律の拡大解釈」などと指摘される場合もあり、実際の取り締まりが難しい点もありました。「妨害運転」として罰則規定されたことで、今後、スムーズに取り締まることができると考えられます。

【まとめ】
意図せずあおり運転が成立!?
皆さんも知らず知らずのうちに車間距離を詰めて運転しているときはありませんか?

時間がない時や慌てているとき…気がつくと前の車に近づきすぎている…。
今回の改正道路交通法では、意図的にあおり運転をおこなっているつもりがなくても「車間距離を詰める」行為として摘発される恐れがあるのです。

時間に余裕をもって行動することがあおり運転を防ぐ一番の方法だと思います。
皆さんもくれぐれもお気を付けください!

トピックス一覧