弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホームトピックス注目判例 › 離婚慰謝料認められず…最高裁初判断

トピックス

TOPICS
注目判例

離婚慰謝料認められず…最高裁初判断

昨日(2/19)最高裁で「離婚慰謝料」についての初判断がでました。

判決の概要は以下のとおりです。(共同通信社の記事より引用)

「元配偶者の不倫相手に対し、不倫による精神的苦痛とは別に、離婚を余儀なくされたことへの慰謝料を請求できるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は19日「離婚は夫婦間で決めるべき問題で、特段の事情がない限り不倫相手には請求できない」との初判断を示した。 一般的な訴訟では、元配偶者の不倫相手には不倫自体の慰謝料を請求し、離婚の原因になったと認定された場合は、その分が増額される。今回は不倫慰謝料の請求権が時効(3年)で消滅していたため、時効が成立していない離婚慰謝料が争点になっていた。

 宮崎裕子(みやざき・ゆうこ)裁判長は「不倫が原因で離婚に至ったとしても、直ちに離婚の責任を負うことはない」と指摘。離婚慰謝料は、不倫相手が不当な干渉をした結果、やむを得ず離婚したなどの事情があるときだけ請求できると結論付けた。

 判決によると、茨城県守谷市の男性は2010年に妻の不倫を認識。不倫慰謝料の請求権が消滅した後の15年に離婚し、不倫相手に約500万円の賠償を求めて提訴した。最高裁は、約200万円の支払いを命じた水戸地裁龍ケ崎支部判決を支持した東京高裁判決を破棄。男性の逆転敗訴が確定した。」

 

☟コメント☟

この判決は「離婚慰謝料請求権は個別の不貞慰謝料請求権と全く性質が違う」ということを意味します。

「不貞した配偶者は、不貞の責任だけでなく離婚に至った責任を負うが、一方で不貞の相手方は、離婚の責任までは負うことはない」ということで、離婚慰謝料が不貞のことだけでなく婚姻期間中に起こった事情を考慮して決められている以上、この判決は当然だと考えます。

しかし、勘違いしてはいけないのは、不貞の相手方も個別の不法行為として、不貞の責任を負うことは否定されていないので、その点は注意が必要です。

弁護士 本江嘉将

 

 

トピックス一覧
注目判例

離婚慰謝料認められず…最高裁初判断

昨日(2/19)最高裁で「離婚慰謝料」についての初判断がでました。

判決の概要は以下のとおりです。(共同通信社の記事より引用)

「元配偶者の不倫相手に対し、不倫による精神的苦痛とは別に、離婚を余儀なくされたことへの慰謝料を請求できるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は19日「離婚は夫婦間で決めるべき問題で、特段の事情がない限り不倫相手には請求できない」との初判断を示した。 一般的な訴訟では、元配偶者の不倫相手には不倫自体の慰謝料を請求し、離婚の原因になったと認定された場合は、その分が増額される。今回は不倫慰謝料の請求権が時効(3年)で消滅していたため、時効が成立していない離婚慰謝料が争点になっていた。

 宮崎裕子(みやざき・ゆうこ)裁判長は「不倫が原因で離婚に至ったとしても、直ちに離婚の責任を負うことはない」と指摘。離婚慰謝料は、不倫相手が不当な干渉をした結果、やむを得ず離婚したなどの事情があるときだけ請求できると結論付けた。

 判決によると、茨城県守谷市の男性は2010年に妻の不倫を認識。不倫慰謝料の請求権が消滅した後の15年に離婚し、不倫相手に約500万円の賠償を求めて提訴した。最高裁は、約200万円の支払いを命じた水戸地裁龍ケ崎支部判決を支持した東京高裁判決を破棄。男性の逆転敗訴が確定した。」

 

☟コメント☟

この判決は「離婚慰謝料請求権は個別の不貞慰謝料請求権と全く性質が違う」ということを意味します。

「不貞した配偶者は、不貞の責任だけでなく離婚に至った責任を負うが、一方で不貞の相手方は、離婚の責任までは負うことはない」ということで、離婚慰謝料が不貞のことだけでなく婚姻期間中に起こった事情を考慮して決められている以上、この判決は当然だと考えます。

しかし、勘違いしてはいけないのは、不貞の相手方も個別の不法行為として、不貞の責任を負うことは否定されていないので、その点は注意が必要です。

弁護士 本江嘉将

 

 

トピックス一覧