弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホームトピックスコラム › 同一労働同一賃金が争点の2訴訟 最高裁の判断は??

トピックス

TOPICS
コラム

同一労働同一賃金が争点の2訴訟 最高裁の判断は??

こんにちは😊

事務の鮫島です久しぶりの投稿になってしまいましたが…(笑)

梅雨のじめじめにも負けず、頑張っております💪😊

最近…福岡の先生方二人はジムに通って体を鍛えているようで…(笑)(うらやましい(^^♪)

適度な運動は大切ですよね~😊

秋以降の駅伝大会シーズンに向けて、事務所でランニングチームを作ろうかなと話しております( ´∀` )👟👣💨

 

話は変わりますが…前々回のコラムで少しお話したように

6月1日に最高裁重要な判例がでました👀★

個人的にすごく注目していたので…簡単に最高裁の判旨を載せてみます✎

 

ご参考までに👀

★★★下記判例によく出て来る条文を載せてみました★★★

※労働契約法20条

第20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)

有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

 

★長澤運輸事件

定年後に再雇用されたトラック運転手の男性3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、定年前と同じ賃金を支払うよう勤務先の運送会社「長澤運輸」に求めた訴訟

(判旨)◆有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であること労働契約法20条にいう「その他の事情として考慮されることとなる事情に当たる。
無期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給する一方で有期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給せずに歩合給を支給するという労働条件の相違が、労働契約法20条にいう不合理と認められるもの当たらない。

その他、「有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるかどうか」について判断の仕方を示しました。

 

★ハマキョウレックス事件

正社員と契約社員で賃金や手当に格差を設けるのは違法であるとして、物流大手「ハマキョウレックス」の契約社員が格差の是正を求めていた訴訟

(判旨)
乗務員のうち無期契約労働者に対して皆勤手当を支給する一方で有期契約労働者に対してこれを支給しないという労働条件の相違は、労働契約法20条にいう不合理と認められるもの当たる。

その他下記事項について示しました。

◆有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が労働契約法20条に違反する場合の当該有期契約労働者の労働条件の内容について
◆労働契約法20条にいう「期間の定めがあることにより」の意義・「不合理と認められるもの」の意義について

 

今まさに通常国会で「働き方改革関連法」の議論真っただ中であり…待遇格差を是正する「同一労働同一賃金」の実施はまさに法案の柱の一つ!!

この判例はこの法案の採決・考え方に重要な影響を与えることになるかもしれません(/・ω・)/

 

詳しくは…先生方に労働法コラムで解説して頂きますので、どうぞご期待くださいませ😊

 

またまた★告知★ですが…😊

8月に社労士の先生とタッグを組んだセミナーも予定しております💪

詳細が決まり次第ホームページでお知らせ致しますので、チェックお願い致します😊😊

トピックス一覧
コラム

同一労働同一賃金が争点の2訴訟 最高裁の判断は??

こんにちは😊

事務の鮫島です久しぶりの投稿になってしまいましたが…(笑)

梅雨のじめじめにも負けず、頑張っております💪😊

最近…福岡の先生方二人はジムに通って体を鍛えているようで…(笑)(うらやましい(^^♪)

適度な運動は大切ですよね~😊

秋以降の駅伝大会シーズンに向けて、事務所でランニングチームを作ろうかなと話しております( ´∀` )👟👣💨

 

話は変わりますが…前々回のコラムで少しお話したように

6月1日に最高裁重要な判例がでました👀★

個人的にすごく注目していたので…簡単に最高裁の判旨を載せてみます✎

 

ご参考までに👀

★★★下記判例によく出て来る条文を載せてみました★★★

※労働契約法20条

第20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)

有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

 

★長澤運輸事件

定年後に再雇用されたトラック運転手の男性3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、定年前と同じ賃金を支払うよう勤務先の運送会社「長澤運輸」に求めた訴訟

(判旨)◆有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であること労働契約法20条にいう「その他の事情として考慮されることとなる事情に当たる。
無期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給する一方で有期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給せずに歩合給を支給するという労働条件の相違が、労働契約法20条にいう不合理と認められるもの当たらない。

その他、「有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるかどうか」について判断の仕方を示しました。

 

★ハマキョウレックス事件

正社員と契約社員で賃金や手当に格差を設けるのは違法であるとして、物流大手「ハマキョウレックス」の契約社員が格差の是正を求めていた訴訟

(判旨)
乗務員のうち無期契約労働者に対して皆勤手当を支給する一方で有期契約労働者に対してこれを支給しないという労働条件の相違は、労働契約法20条にいう不合理と認められるもの当たる。

その他下記事項について示しました。

◆有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が労働契約法20条に違反する場合の当該有期契約労働者の労働条件の内容について
◆労働契約法20条にいう「期間の定めがあることにより」の意義・「不合理と認められるもの」の意義について

 

今まさに通常国会で「働き方改革関連法」の議論真っただ中であり…待遇格差を是正する「同一労働同一賃金」の実施はまさに法案の柱の一つ!!

この判例はこの法案の採決・考え方に重要な影響を与えることになるかもしれません(/・ω・)/

 

詳しくは…先生方に労働法コラムで解説して頂きますので、どうぞご期待くださいませ😊

 

またまた★告知★ですが…😊

8月に社労士の先生とタッグを組んだセミナーも予定しております💪

詳細が決まり次第ホームページでお知らせ致しますので、チェックお願い致します😊😊

トピックス一覧