弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホームトピックスコラム › 特別養子縁組「原則15歳未満」…法制審答申へ

トピックス

TOPICS
コラム

特別養子縁組「原則15歳未満」…法制審答申へ

こんにちは😊

昨日、私が前々から早く改正を!!と思っていたニュースが飛び込んできました!

 

★読売新聞(H31.1.30付)より

先日(H31.1.29)法制審議会(法相の諮問機関)の部会は29日、特別養子縁組制度に関する法改正の要綱案を決定した。

「原則6歳未満」とされる対象年齢を「原則15歳未満」に引き上げることが柱になっている。政府はこの内容を盛り込んだ民法などの改正案を今国会に提出する方針で、成立すれば1988年の制度開始以来、初の見直しとなるとのこと。

 

そもそも…特別養子縁組とはどういった制度なのでしょう?

【特別養子縁組】児童虐待や経済的事情などで実親じつおやと暮らせない子どもと、血縁のない夫婦が親子となる制度。普通養子縁組や里親と異なり、実親との親子関係は終了し、戸籍上も養父母の実子と同じ扱いになる。

 特別養子縁組ができる対象年齢が、原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げられることで、現行は0~2歳児の縁組が多く、成立件数は年500~600件にとどまっている現状が大きく改善されることが期待されます。

 長年にわたって施設で暮らし、家庭に戻ることが見込めない小中学生を家庭で養育することが可能になり、また関係が良好な里親家庭からの切り替えも増加すると考えられます。

 確かに…年齢が上がるにつれて養父母との関係を築くことが難しくなるという事情から年齢の引き上げに反対意見もあることも事実です。

 しかし、現行の制度では縁組を諦める事例があるのも事実なので、民法上自分の意思で普通養子縁組ができる年齢(15歳)まで特別養子縁組可能年齢を引き上げることは、妥当だと考えます。

 また今度の法改正では、手続き面も見直されることになりました。(実父母の撤回の制限等※見直し案では、児童相談所長も申し立てが可能になる。手続きも2段階に分け、まずは、実親が育てられるかどうかを判断する。実親が縁組に同意してから2週間経つと撤回できなくなり、その後に養父母の適格性を判断する。

 先日、実父による児童虐待により小学4年生の女の子が死亡したという痛ましいニュースが流れました。児童相談所や学校の対応も問題視されています。

 この法改正が一人でも多くの子供を救うものになるといいなと心から思います。

 子供を持たない大人こそもっとこの問題に関心を持たなければならないのではないかと感じました。

 

トピックス一覧
コラム

特別養子縁組「原則15歳未満」…法制審答申へ

こんにちは😊

昨日、私が前々から早く改正を!!と思っていたニュースが飛び込んできました!

 

★読売新聞(H31.1.30付)より

先日(H31.1.29)法制審議会(法相の諮問機関)の部会は29日、特別養子縁組制度に関する法改正の要綱案を決定した。

「原則6歳未満」とされる対象年齢を「原則15歳未満」に引き上げることが柱になっている。政府はこの内容を盛り込んだ民法などの改正案を今国会に提出する方針で、成立すれば1988年の制度開始以来、初の見直しとなるとのこと。

 

そもそも…特別養子縁組とはどういった制度なのでしょう?

【特別養子縁組】児童虐待や経済的事情などで実親じつおやと暮らせない子どもと、血縁のない夫婦が親子となる制度。普通養子縁組や里親と異なり、実親との親子関係は終了し、戸籍上も養父母の実子と同じ扱いになる。

 特別養子縁組ができる対象年齢が、原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げられることで、現行は0~2歳児の縁組が多く、成立件数は年500~600件にとどまっている現状が大きく改善されることが期待されます。

 長年にわたって施設で暮らし、家庭に戻ることが見込めない小中学生を家庭で養育することが可能になり、また関係が良好な里親家庭からの切り替えも増加すると考えられます。

 確かに…年齢が上がるにつれて養父母との関係を築くことが難しくなるという事情から年齢の引き上げに反対意見もあることも事実です。

 しかし、現行の制度では縁組を諦める事例があるのも事実なので、民法上自分の意思で普通養子縁組ができる年齢(15歳)まで特別養子縁組可能年齢を引き上げることは、妥当だと考えます。

 また今度の法改正では、手続き面も見直されることになりました。(実父母の撤回の制限等※見直し案では、児童相談所長も申し立てが可能になる。手続きも2段階に分け、まずは、実親が育てられるかどうかを判断する。実親が縁組に同意してから2週間経つと撤回できなくなり、その後に養父母の適格性を判断する。

 先日、実父による児童虐待により小学4年生の女の子が死亡したという痛ましいニュースが流れました。児童相談所や学校の対応も問題視されています。

 この法改正が一人でも多くの子供を救うものになるといいなと心から思います。

 子供を持たない大人こそもっとこの問題に関心を持たなければならないのではないかと感じました。

 

トピックス一覧