弁護士法人 本江法律事務所

弁護士法人 本江法律事務所
ホームトピックスコラム › 発信者情報開示請求について

トピックス

TOPICS
コラム

発信者情報開示請求について

本日は最近事務所に問い合わせが来ている【発信者情報開示請求】について少しお話をさせて頂きます。

1 発信者情報開示請求

匿名掲示板で誹謗中傷を受けたけど、どう対処していいか分からない。こういうことがあると思います。このような場合の対処方法としては、①誰が書き込んだのか特定して慰謝料請求する、②誹謗中傷を削除する、といった2つの方法が主に考えられます。今回は①についてお話させていただきます。

2 発信者情報開示請求の手順

  ①について、まずはコンテンツプロバイダ(今回でいえば匿名掲示板)に対して投稿のIPアドレス、タイムスタンプ(正確な投稿日時)の開示を求め(1段階目)、それらが開示された場合、次に接続プロバイダ(例えば、携帯電話会社など)に対して投稿者の氏名、住所の開示を求める(2段階目)ことで投稿者が特定できます。

実際にどのような方法で開示を求めるかというと、裁判手続を用いる必要があります。裁判手続を用いずに開示を求める方法もありますが、一部のプロバイダを除き開示に応じることはほとんどありません。

3 緊急性

1段階目の発信者情報開示仮処分でIPアドレスが開示されてはじめて、接続プロバイダがどこなのかということが分かります。接続プロバイダが分かり次第、通常はアクセスログ保存請求を行いますが、投稿から時間が経過しすぎるとアクセスログが消去されてしまい、投稿者が特定できなくなってしまうことがあります。したがって、投稿者を特定したいのであれば投稿を見つけ次第、開示請求の準備を進めることが重要です。アクセスログの保存請求を行えばたいていの場合は任意で保存してもらえます。ここまで手続を完了すればその後の手続は急ぐ必要はありません。

4 証拠保存

  投稿を見つけた場合にまず行っていただきたいのは、証拠を保存することです。その証拠は、保存日時とURLが分かるものであることが重要です。日時とURLがなければ裁判で証拠として認められない可能性が高いためです。

  証拠保存方法の一例としては、以下のとおりです(Google Chromeを用いる場合)。

① GoogleChromeのブラウザで問題の投稿URLを開く。
②画面右上の縦三点リーダ(・・・)をクリック
③「印刷」をクリック
④「詳細設定」をクリック
⑤「オプション」の「ヘッダーとフッター」にチェックが入っていなければチェックを入れる※
⑥「送信先」を「PDFに保存」に変更し、「保存」をクリック
⑦任意の保存先へ保存
※「ヘッダーとフッター」にチェックを入れることで、表示している画面のURLと保存時間が画面の上下に記載されます。

以上です。まずは証拠保存することに注意していただければと思います。
ご質問等がございましたら、事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 富永慎太朗

トピックス一覧
コラム

発信者情報開示請求について

本日は最近事務所に問い合わせが来ている【発信者情報開示請求】について少しお話をさせて頂きます。

1 発信者情報開示請求

匿名掲示板で誹謗中傷を受けたけど、どう対処していいか分からない。こういうことがあると思います。このような場合の対処方法としては、①誰が書き込んだのか特定して慰謝料請求する、②誹謗中傷を削除する、といった2つの方法が主に考えられます。今回は①についてお話させていただきます。

2 発信者情報開示請求の手順

  ①について、まずはコンテンツプロバイダ(今回でいえば匿名掲示板)に対して投稿のIPアドレス、タイムスタンプ(正確な投稿日時)の開示を求め(1段階目)、それらが開示された場合、次に接続プロバイダ(例えば、携帯電話会社など)に対して投稿者の氏名、住所の開示を求める(2段階目)ことで投稿者が特定できます。

実際にどのような方法で開示を求めるかというと、裁判手続を用いる必要があります。裁判手続を用いずに開示を求める方法もありますが、一部のプロバイダを除き開示に応じることはほとんどありません。

3 緊急性

1段階目の発信者情報開示仮処分でIPアドレスが開示されてはじめて、接続プロバイダがどこなのかということが分かります。接続プロバイダが分かり次第、通常はアクセスログ保存請求を行いますが、投稿から時間が経過しすぎるとアクセスログが消去されてしまい、投稿者が特定できなくなってしまうことがあります。したがって、投稿者を特定したいのであれば投稿を見つけ次第、開示請求の準備を進めることが重要です。アクセスログの保存請求を行えばたいていの場合は任意で保存してもらえます。ここまで手続を完了すればその後の手続は急ぐ必要はありません。

4 証拠保存

  投稿を見つけた場合にまず行っていただきたいのは、証拠を保存することです。その証拠は、保存日時とURLが分かるものであることが重要です。日時とURLがなければ裁判で証拠として認められない可能性が高いためです。

  証拠保存方法の一例としては、以下のとおりです(Google Chromeを用いる場合)。

① GoogleChromeのブラウザで問題の投稿URLを開く。
②画面右上の縦三点リーダ(・・・)をクリック
③「印刷」をクリック
④「詳細設定」をクリック
⑤「オプション」の「ヘッダーとフッター」にチェックが入っていなければチェックを入れる※
⑥「送信先」を「PDFに保存」に変更し、「保存」をクリック
⑦任意の保存先へ保存
※「ヘッダーとフッター」にチェックを入れることで、表示している画面のURLと保存時間が画面の上下に記載されます。

以上です。まずは証拠保存することに注意していただければと思います。
ご質問等がございましたら、事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 富永慎太朗

トピックス一覧