弁護士法人  本江法律事務所

福岡市の法律事務所
西鉄大牟田線「西鉄福岡(天神)」駅・地下鉄空港線「天神」駅より徒歩3分

弁護士紹介

多岐にわたる法的分野の専門家が、質の高いアドバイスやリーガルサービスで依頼主の皆様をサポートします。
Topページ > 弁護士紹介 > 本江 嘉将

当事務所の弁護士紹介

本江 嘉将

Yoshimasa Motoe

本江 嘉将

所属

福岡県弁護士会 法教育委員会(副委員長)
福岡県弁護士会 労働法制委員会

取扱分野

企業法務(労務関係・債権管理・IT関係その他)、事業再生・債務整理(破産・民事再生・任意整理その他)、税務関係(税務相談・税務訴訟)、交通事故、消費者事件、知的財産権関係、家事事件(相続・離婚その他)、その他一般民事、刑事事件、少年事件

経歴

1996年私立久留米大学附設高等学校 卒

2000年慶應義塾大学法学部政治学科 卒

2006年福岡県弁護士会登録(59期)

2010年北部九州税理士会に税理士登録

2010年本江法律事務所開設

2015年M&Aシニアエキスパート認定取得

コメント

地域経済を下支えする中小企業の支援に、特に力を入れています。

私は、弁護士となって以来、地元である福岡の中小企業経営者の方々と親密な関係を築くようになり、気づいたことがあります。それは、どの企業の経営者も、従業員や家族にも言えないような経営上の悩みを孤独に抱えている、ということです。

経営上の悩みと言っても、おカネの問題や人の問題を中心に幅広く生起するもので、その中には弁護士として相談していただいたことで立ちどころに解決できるものもあれば、こちらまで一緒に悩んでしまうようなご相談もあります。その悩みの一つ一つを解決して、その企業の経営を安定させること。それが地域経済を安定させ、地域社会をより良くしていくことに繋がると確信して、一つ一つの案件に取り組んでいます。

現在、労務セミナー(企業側・経営者側)を積極的に開催・参加して、労務環境の変動に経営側が追いついていくことを手助けできるよう奮闘しています。

また、交通事故事案にも数多く取り組んできました。経験・専門的知識を生かしつつ、依頼者一人一人の気持ちに寄り添った事件解決を目指しています。

プライベートでは、毎年7月にある無形文化財・博多祇園山笠には中洲流として参加させていただき、博多の街から元気をもらっています。また、音楽鑑賞とゴルフ、ラグビー観戦が趣味です。

弁護士紹介一覧を見る

【所在地】
〒810-0001
福岡市中央区天神2丁目8番41号 福岡朝日会館7階

ページの先頭へ