債権回収

  • 「取引先からの入金が滞っていて支払いに困っている」
  • 「執拗に働きかけをしても債権の支払に応じてもらえない」
  • 「債務者へのアプローチ方法がわからずに、話し合いにすら応じてもらえていない」

債権の回収は、債権者が頭を悩ませる典型的な問題の一つです。企業活動においては、売掛金の未回収や取引先の入金遅れといったトラブルが日常的に発生しており、直接訪問をしても支払いに応じてもらえなかったり、話し合いにすら応じてもらえなかったりと、回収が困難なケースは多く発生します。

債権回収が困難なケースとは大きく以下の3つです。

  1. 債務者の支払能力が低下してしまっている場合
  2. 債務者に悪意があり、意図的に支払われない場合
  3. 契約書の不備や債権者側の仕事が完全に履行できていないなど、債権者側に責任がある場合

当事務所では債務者の財務状況、特に資産について可能な限り調査をした上で、まずは、債権回収の可能性について判断し、催促に任意に応じてもらうためのポイントなどをお伝えさせていただきます。債権者自身での回収が困難な場合には、早期に保全等の手段を講じるべきか、最初から訴訟提起をすべきか、あるいは交渉を通じた回収を目指すか、といった選択肢を検討し、代理人として回収業務にあたります。

近年、民事執行法の改正があり、強制執行で回収するための財産開示手続等については、実効性が高まるなど、選択肢は従来より多くなっています。一方で、コンプライアンスの観点から、強引な取立てを行うことにはリスクが伴います。

債権回収は、ケースにもよりますが、専門的なノウハウを要する分野ですので、早期にご相談いただくことで解決の可能性は高まります。

まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にお問合せ、ご相談ください。 お気軽にお問合せ、ご相談ください。 メールでのご相談はこちら